忍者ブログ
     スケイルアーマーとチェインアーマーをこよなく愛する「変態」甲冑戦士の剣術修行ブログ
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[11/13 baketu]
[11/12 T/O]
[11/01 baketu]
[10/30 NONAME]
[10/26 通りすがり]
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
バケツ
HP:
性別:
男性
自己紹介:
東京の目白で西洋甲冑剣術の修行、鎧の作成等をしている現代の異端児。一緒にアホな事をしてくれるお仲間募集中。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
[129]  [128]  [127]  [126]  [124]  [123]  [122]  [121]  [120]  [119]  [118
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

蝉丸Pのニコニコ生放送後に
AVALONやティンタジェルを訪れてくれた人がそこそこの人数いるようだ
しかも、数名は入会してくれたとかで、ありがたい気持ちで一杯である

しかし、それに引き換え
ここ数年、何度何度も取材を受け、今年になってからだけでも
既に4回目を数えるTVの取材に影響されての
新規入会者はほぼゼロであるらしい
先日、私よりも遥かに多くの来訪者の応対をしている責任者の方がそっと教えてくれた

自分の投稿したニコニコ動画(公開停止中)やyoutubeですら
何名かの人が「あれ見て来ました」という反応があったのに
なんという体たらくなのか
学も知識も無い私ですら、ネットを通して誰かに物が伝えられるこの時代
TVには、最早何のアドバンテージも無くなったのかもしれないと
日本のアナログ放送が停止する瞬間を収めたyoutubeの動画見ながらしみじみと思う
まあ、こんなニッチな集団はそもそもTV受けしないだろうから
自分の趣味のためにフル活用できるネットと
引き比べるのはフェアでは無いかもしれないが

しかし、私がTVのカメラよりも
自分の動画用に自らのカメラを回す方が、剣を握る手に力が篭るのは
何も人が来る来ないだけの理由では無い
なんと言っても、他の媒体の雑誌や漫画の取材は
TVクルーよりも遥かに礼儀正しくて、しかも熱心な事が多いのだ
それに比べてTVクルーのなんとやる気の無いことか
まあ、じっくり話を聞き、後で自らの責任で記事や作品を作る
ライターや漫画家との差が出ているといってしまえばそれまでだが
余りにも淡々と、撮影していくだけというのが多い
(スペインのTV取材の人は最高に面白かったし
日本でも唯一、所さんの番組はメンバー一同褒めていたが)
その温度差に触れていると、これがTVが落ち潰れていく理由の一環だと
思わざるを得ないのである
特に、私はまだ最悪レベルのTVクルーに会っていないので良いが
うちのメンバーから聞いた無礼極まるクルーの話を思い出すと
尚更、TVの為に力を出す事を面倒に思えてしまうのである

さて、次の○曜は取材の日である
大抵、向こうが呼び出す形式の時は
ロクな事にならないケースが多いのだが・・・・

今から憂鬱だ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]