忍者ブログ
     スケイルアーマーとチェインアーマーをこよなく愛する「変態」甲冑戦士の剣術修行ブログ
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[11/13 baketu]
[11/12 T/O]
[11/01 baketu]
[10/30 NONAME]
[10/26 通りすがり]
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
バケツ
HP:
性別:
男性
自己紹介:
東京の目白で西洋甲冑剣術の修行、鎧の作成等をしている現代の異端児。一緒にアホな事をしてくれるお仲間募集中。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
[148]  [147]  [145]  [144]  [142]  [141]  [140]  [139]  [138]  [137]  [136
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

911
まだ従兄弟が生きていて
まだ●●に人が一杯居た頃だったと思う

新世紀の初頭を彩ったのは
これまで生きてきた中でもとびきり血生臭いニュースだった
正直な事を言えば、今回の311の地震よりも津波よりも
自分の中では大きなショックとして残っている
天災と人災の違いだからだろうか、それとも年を経たからだろうか?
オウムのサリン事件なんかもそうかもしれない
すんでのところで生き延びた人間が周囲には一杯居た
この際、今も進行中の東電絡みの災厄は脇に置くとして、だ

夜、ゲームにログインすると
●●の横でニューヨークに住んでいるというプレイヤーのキャラが
色々な事を話していたはずだったが
今思い返しても、何を話していたか殆ど覚えていない
大した事は話してなかったと思う
ニュースでも見れたような情報ばっかりだった
ただ、今と違ってロクにツィッターもmixiも無く
2chでも第三次世界大戦が始まるだのデマばかり飛んでいる中
現地の人間がリアルタイムで話していると思い込むことが重要だったのだろう
そのまま自称ニューヨーカーの日本人は明け方まで
ヒステリックに叫び続けて消えていった
今となっては真偽の確かめようも無い

その次の日のバイト先の日報は、業務内容などそっちのけで
テロの怪しい情報ばかりが錯綜していた
当時、セミプロだったイラストレーターの先輩が一人冗談めかして
「あんな画像見たら、もうどんなSF映画見ても凄いと思わないよな」と
笑って私に言ったのが印象的だった

あれから十年、その間に私はSCAを知り、AVALONに入団し
個人的なアメリカとの距離が少しばかり縮まり
そして、微かな転機を迎えようとしているが
この問題は、まだ未決着のまま続いている
今も、アメリカの友人達が自ら口を開かない限りは
この話を自分から切り出した事は無い

終わっていない問題を〆る事は出来ないので
今は何も述べる事は無いが
今日は、素振りの前に黙祷でもするとしよう
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]