忍者ブログ
     スケイルアーマーとチェインアーマーをこよなく愛する「変態」甲冑戦士の剣術修行ブログ
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[11/13 baketu]
[11/12 T/O]
[11/01 baketu]
[10/30 NONAME]
[10/26 通りすがり]
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
バケツ
HP:
性別:
男性
自己紹介:
東京の目白で西洋甲冑剣術の修行、鎧の作成等をしている現代の異端児。一緒にアホな事をしてくれるお仲間募集中。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
[245]  [244]  [243]  [241]  [240]  [239]  [238]  [237]  [236]  [235]  [234
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

何か某所で

西洋甲冑はゴルフクラブで撲殺できる、とか
西洋甲冑は耐衝撃性能は無いから、棍棒で関節を殴ったら骨が砕けるし
胴を殴れば内臓が破裂するって香ばしい主張をしてる人がいたので

うちら毎週2~3キロはある木刀で殴り合いしてるけど
怪我らしい怪我なんぞしてませんが?とツッコミを入れてみたら
「実戦に使われた棍棒は重量が15~20ありました」って返答が来たんですが

いやそのりくつはおかしい

日本刀を15本束ねた重量の棍棒ってなんですか
どんな密度の木材ですか
なんでそんな主張をしているのか問いただしてみたら
ご本人曰く何かの資料で読んだ知識だそうです。
だけども、その肝心の本の名前は分からないとか。実に残念

バトルネイションの動画をちらとでも見ておけば
そんなありえない内容の本には騙されなかったと思うんですけどね
http://www.youtube.com/watch?v=woNEb5bNQlI
プレートメイルの前身のコートオブプレートやブリガンダインですら
鉄剣やポールアックスでも容易に撲殺は出来ません。
勿論、競技用なので刃引きはしてありますが
それでもゴルフクラブとは比べ物にならない威力の武器です。

ちなみに西洋甲冑の関節部分は
動きを確保するために多数の鉄板が重なり合いながら
且つ、リベットでそれぞれが絶妙に隙間を保つように作られているという
積層中空構造とでも言うべき形状になっており
ある意味一番頑丈な部分なので、一回でも本物の甲冑を見たことがあれば
関節が脆いなんて事は思いつきません。

それにしても胴を殴れば内臓破裂って・・・・・
剣道の竹胴ですらそんなもの防げるんだから
常識で考えれば直ぐに嘘だと分かるのにな
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]