忍者ブログ
     スケイルアーマーとチェインアーマーをこよなく愛する「変態」甲冑戦士の剣術修行ブログ
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[11/13 baketu]
[11/12 T/O]
[11/01 baketu]
[10/30 NONAME]
[10/26 通りすがり]
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
バケツ
HP:
性別:
男性
自己紹介:
東京の目白で西洋甲冑剣術の修行、鎧の作成等をしている現代の異端児。一緒にアホな事をしてくれるお仲間募集中。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
[127]  [126]  [124]  [123]  [122]  [121]  [120]  [119]  [118]  [117]  [115
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
はじめまして、2chでヘヴィファイトについてのスレを見かけて来たものですが鎧について質問が

そこで紹介されていた内容では、ヘルムに厚さの制限があるのは書かれてましたが、胴鎧の素材や厚さについては見あたりませんでした
胴鎧については、あまり詳しい規定はないんでしょうか?
NONAME 2011/07/14(Thu)22:10:59 編集
無題
胴鎧については、背中側の脊椎下部と、腎臓、短肋骨さえ守れれば付けていなくてもOKです。
胴鎧の前面は、そういった意味では規定はありません、が
経験上、何もつけないのは怪我の元なので、必ず何か身につけておくことをお奨めします。
鉄であればヘルムと同等の物(凹まないので
革であれば最低限4mm以上のものが重なるように(合計で8mm)
チェインメイルであれば、空手用の胴防具か分厚いギャンベゾンか、独立発砲ウレタンPADを10mm以上あれば良いと思います
ili 2011/07/16(Sat)00:23:50 編集
無題
回答ありがとうございます
革なら4mm、鉄なら1.6mmですかぁ
鉄はホームセンターで売っているフラットバーが流用できそうですが、革は結構入手が難しそうですねぇ
NONAME 2011/07/16(Sat)00:39:34 編集
無題
フラットバーですが、まず一個だけ買って衝撃テストをした方が良いかもしれません。
意外と簡単に曲がってしまい、使い物にならなくなる場合もあります。
防具として取り付けた後にぐにゃぐにゃ曲がるのが分かると悲惨です。

革は以外と調べればアチコチで売ってます。自分は面倒なので近所の東急ハンズに行きますが
http://www.kawaya.co.jp/owner/index.html
ここなどは安くてうちのメンバーも良く利用しているようです。
たまにセールもやってます。
ili 2011/07/16(Sat)02:17:07 編集
無題
これは、凄いなぁ
秋葉原にこんなところがあったんですか
2~3回くらいしか行ったことなかったんで全く知りませんでした
住んでるのが東京ではないので、すぐには無理そうですが暇ができ次第見に行ってみますw
NONAME 2011/07/16(Sat)10:54:53 編集
無題
今日、近所のホームセンターで例のフラットバー買ってきてみました

厚さ約2mm、幅30mmのもので、買ったままの状態だと簡単に曲がりますが、50mm程度にカットすると打撃にも耐えられるようです
これだと、サイズ的にはロード・オブ・ザ・リングでローハンの騎士が着てたような鎧なら作れますかねぇ
当世具足とかも憧れますけど、手回しドリルで小札にあれだけの穴をあけるとなると気が遠くなりそうです(汗
NONAME 2011/07/16(Sat)19:35:57 編集
無題
なかなか良さそうですね。
ローハンの騎士は私も好きなので是非実現させて下さい。

私達はほぼ全員の戦士がメンテナンスの為に電動ドリルを持っています。
今なら4~5千円で購入できますし、刃を付け替えればグラインダーとしても使えますので、検討してみてください。
ili 2011/07/17(Sun)18:35:46 編集
無題
へぇー、電動ドライバイーってそんな使い方もできるんですかぁ
今日一日中切って削っての作業を思い返すと、切実に必要な気も・・・(=Д=;)

また進捗や、わからないことができたらその時はお邪魔させていただきます
NONAME 2011/07/17(Sun)21:20:04 編集
無題
初めまして、偶然迷い込みましたが面白そうそうですね!

ものすごく初歩的な質問なんですが、両手に斧とかの「マンガ的二刀流」ってありなんでしょうか?史実ではマンゴーシュ?をつかっての二刀流をしたと読みまして(;^^)ルール的にありなら是非やってみたいなぁ…と思っておりますw
ちくわ 2011/07/17(Sun)23:47:01 編集
無題
>ななしさんへ
またいつでもどうぞ。
私も余り詳しい方ではありませんが、困った事があったらメンバーに助言をもらえる様にしておきますのでお気軽に

>ちくわさん
初めまして
歴史的にどうだったかは分かりませんが
過去にうちのメンバーでアックス二本で戦っている人はいましたね
また、ヴァイキングの中には、盾が無いほうを攻撃出来ると左手にアックスを持つ戦士もいたそうなので、理論的には可能な筈です。
ただ、斧は大きさによってかなり重量がかわってくるので当然ながら腕一本で振るうのには限界のあるものもあったと思います。
ili 2011/07/18(Mon)10:11:50 編集
無題
どうもです
いきなりなんですが、ヘヴィファイトで使用する、あるいは金属で当世具足を制作してる方のブログっあるんでしょうか?

今日、少し時間ができたので作業してる時に『これって曲げたら横矧ぎ胴が作れるんでは?』と思ってフラットバーを万力使って曲げてみたんですが
少しずつつ固定位置をずらしながらやると案外きれいにアーチ型に
曲げた後に固定して金槌で叩いてみたんですが、かなり強く叩いても凹みません

で、スケイルメイルも好きだけど、やっぱり日本の甲冑も大好きなため心変わりをおこして当世具足作ろうかと思い、参考になるサイトがないかと思いましてコメントした次第です

構造の法は、町の図書館で借りた本で大体は把握しました
あと、一応アクリル板で当世具足作ってる人のサイトも覗いてみました
名無し 2011/07/24(Sun)17:58:14 編集
無題
残念ながら、私の知っているメンバーでは当世具足を作っている人はいません。
普通に作成しているブログはあるけど、ヘヴィファイトに使えるものでは無いでしょうし
手探りで作って頂くしかないと思われます

ili 2011/07/25(Mon)18:05:27 編集
無題
そうですかぁ・・・

とりあえず、安全基準的には西洋のフルプレートと同じ感じでいいんでしょうか?
隙間を埋めるために胴の付属品の喉輪、脇曳は必須かと思いますが
あと、兜作る段になったら総面も必要なんでしょうか
名無し 2011/07/25(Mon)19:10:44 編集
無題
当世具足を余り詳しくは知らないのですが
構造上、フルプレートと同じ感じにはならないと思いますので
頭、顔面、喉、肘、膝、手首から指先まで、股間、脊椎背面および両下部を必ず硬い装甲で覆い
その他はなるべく重装甲を施すのが得策です
このブログにも戦闘している動画はありますが、あの太さの木刀で殴られる競技ですので、必ず最初は必要以上に重装甲で戦う事をお奨めします

sca helmで、検索すれば分かりますが
総面の装甲は必須です。最低でもバーグリルタイプの装甲は必要でしょう
そもそも無ければヘヴィファイトには参加出来ませんので
ili 2011/07/27(Wed)01:07:06 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]