忍者ブログ
     スケイルアーマーとチェインアーマーをこよなく愛する「変態」甲冑戦士の剣術修行ブログ
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[11/13 baketu]
[11/12 T/O]
[11/01 baketu]
[10/30 NONAME]
[10/26 通りすがり]
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
バケツ
HP:
性別:
男性
自己紹介:
東京の目白で西洋甲冑剣術の修行、鎧の作成等をしている現代の異端児。一緒にアホな事をしてくれるお仲間募集中。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
[1]  [2]  [3]  [4]  [5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

自称、世界最大の武器博物館のサイト
http://www.museum-joanneum.at/de/landeszeughaus

ひぃぃぃぃぃぃっぃいいい!!
子供にがっちり武器と鎧持たせてるぅ! 錆びる錆びる!!
羨ましいいい!
俺にも触らせてくれえええええ!!

PR
知り合いから、アニメのへうげものを勧められて見ている。
とても面白い。

漫画も読みたくなったが。これ以上、家に新しい本棚を増やすと
床が抜けそうなので断念している。
いずれ漫喫にでもいくとしよう。

へうげものが面白いと思ったのは、珍しく自分に共感出来る主人公だからだ
新しい具足に思いを巡らし、茶道具に目を凝らして身悶えし
趣味を通して茶に一喜一憂するのは
自分が鎧を集めて実際に使い、工夫を凝らして更に使い勝手を求め
あれこれ悩んでいるのにも似ている。

自分は板金の西洋甲冑は余り好きではない。
好きではあるが、では自分が使いたいかと問われたら
9割方のプレートメイルはNOである
私見になるが
ごく一部の、例えばウォリスコレクションのブラックアンドホワイトの西洋甲冑などは
ああやはり、甲冑はこの形に回帰するのだという
実用性本位と気品の備わった美しさがあり
いつかは一着揃えてみたいと思っているくらいに好きだ。

同じくらいに好きなのがチェインメイルだが
こちらはもう、二着も揃えているのでかなり満足している。
使い込めば込むほど風情が出てきて
いつもボロ袋から取り出す度にニヤニヤしている。
黒いチェインは今まで使う機会が無かったので
まだピカピカしているが、装具がひと揃い整ったので
これから使い込むのが実に楽しみだ

足も腕も頭も、チェインメイルにあった装備を整えている内に
大分自分好みの方向になってきた
足回りがやや気に食わないが
その内に良いものに出会えるだろう。

変な話だが、練習に使った鎧が相手から良い一撃を受けて凹むと
思わずニヤリと笑みがこぼれる。
一番最初に購入したガントレットが、長年、叩きに叩かれて
掌の形をとどめておれずにまっ平らになったときは
自分の身を守り続けてくれた感謝と
へしゃげたながらも未だに強度を誇る異様な姿に感動もした。

これは! と思った装備が意外と使い勝手が悪かった時はがっかりする。
最近は購入する前、戦う前にある程度
自分に合うかどうかの善し悪しは見て取れるようになったが
それでも新しい装備への憧れで、目が眩みっぱなしの時もままある

とまあ、こんな感じで
へうげものの、主人公のあれこれのリアクションや俗な思いを見るたびに
過去現在の我が事が重なり不思議と楽しい気分になるのだ。

なにより、主役は鎧の趣味が良い。鱗の鎧とは実に自分好みである
ところで鱗の具足で検索したらこんなページが引っ掛かった
http://www.geocities.jp/ore_guy_ron/zakki_01.htm
これぞまさしく織部の言う「はにゃーん」であるまいか
「すいません。クルセイダー歴三年なんですけど。
 次の遠征先ってありますか」
「クルセイダー三年って・・・・
 途中で内輪揉めして引き返して来たやつでしょ?
 駄目駄目、せめてエルサレム行ってないと」
「ランツクネヒトですか
 カッツバルゲルとハルベルトはお持ちですか?
 砲兵の護衛からで良ければ紹介出来ます。倍給兵の昇進もありますよ」
1ffff516.JPG







※この画像と文章はジョークです。
 
 
自宅でレザーアーマーを手直し中

昔、ちょろっと練習で使っていたものだが
今回、久しぶりに引っ張り出してみたら、目立つポールドロン部分や
その他の繋ぎ目が取れかけており
みっともないので、この機会に全面修理することにした

380e9c1f.JPG







ちなみにこれが今回手直しするアーマー

外見はレザーアーマーというより、スケイルメイルに近いが
繋ぎの板や革がない構造になっており、装甲板自体がパッチワークのように
連なっているので、どこかが修復不可能なくらいに傷んでも
丸ごとそれを取り外して入れ替えるだけで修復出来る優れものだ
今回の修復もハトメを打ち直すだけで済んだので、10分ほどで終わっている

これと構造が良く似ていて修理が簡単なものに、チェインメイルがあるが
どんな箇所が壊れても均一のパーツで全て直せるという点では
このレザーアーマーよりも更に優れていると言ってもいいだろう
特に、初代のチェインメイルはもう7年も使っているのに
未だに手直しどころか、錆落としすらしたことのない手間いらずである

さて、手直ししたレザーだが、どうしよう
誰かまだ、練習用の鎧を持っていない新人に売ってしまおうか
少々サイズがでかにので、体格が良い人にそれとなく聞いてみるとしよう
忍者ブログ [PR]