忍者ブログ
     ヘヴィファイトという甲冑で遊ぶ団体の記録です。
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[11/13 baketu]
[11/12 T/O]
[10/30 NONAME]
[10/22 baketu]
[10/17 T/O]
最新TB
プロフィール
HN:
バケツヘッド
HP:
性別:
男性
自己紹介:
東京の目白で西洋甲冑剣術の修行、鎧の作成等をしている現代の異端児。一緒にアホな事をしてくれるお仲間募集中。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
[1]  [2]  [3
先週から絶好調なので忘れないようにメモ
どうせうちのメンバーが見ても対策は立てられないし
理解されないだろうしな。

eisenportから左右のzwei hengenへ移行
そしてzwerc-hau、schiel-hau 相手の構えを見ての下方へのzorn-hau

ああ、本当に沖縄にKingが来てくれた事に感謝だ
彼なくしてはこの動きを見つけるのに後5年は掛かったかもしれん
後で動画か、写真を添えて解説するとしよう

しかし、両刃のある両手剣ならではの動きだからなぁ。これ
いつか日本刀でも使える対シールド剣術を生み出さなくては!

極論言っちゃえば、鉄パイプ使ってようが戦える人になれば良いんですけどね
PR
日曜のヘヴィファイト練習に参加。
だらだらと思ったことを書き綴る

参加者は新人が3名とベテランが3名と
それにもう一人を加えて、計7名での練習になった
左胸が痛いのは相変わらずなので、今回も盾と剣のスタイルを選択
今は殆ど痛みも無いので、来週からは両手剣スタイルに戻せそうだ。

新人達といってもガチの新人はこの日デビューしたアガっちくらいで
その他にオラっちとFっちはそれなりに練習もこなしている
動きを見る限り、それぞれ成長しているとは思うが
まだまだ苦し紛れで技をだして勝ったり負けたりしている感じで
自分の勝ちパターンが見えていないようだ

更に、オルっちはもう新人でもないので、さっさと強くなって欲しいのだが
ずぅぅぅぅっと伸び悩んでいる
女性なので辛いとは思うが、彼女くらいの体格でも十二分に戦える事は
既に先達が証明している事なので、しっかり頑張って欲しい
実際、防御はかなり上手くなっているのでもう少しの筈だ

折角新人が沢山居たのに
この日はV卿T卿の師弟コンビが居ないのが悔やまれた
ほぼ我流の自分の剣と盾スタイルを見たり戦ったりするよりは
本場仕込みのV卿とその弟子のT卿の鍛えてもらったほうが遥かに良いからだ

今回の練習で一番見るべき物があったのはS卿だった
自分の鎧構造を熟知した動きで、これまでに無い切り返しの速さを身につけていた
振り上げも十分に速度が乗っており、板金鎧であそこまで動けるのは賞賛に値する
どことなくスペインに帰国したA卿を思い起こさせるスタイルだったが
是非そのままS流剣術をものにしてほしい
新人相手とオルっち相手にダガーだけで二周しているのはご愛嬌
更に師匠相手に組み撃ち、振り回され
地面に叩きつけられながらも反撃を行っているのは見事だった

自分もデーンアックスが完成したので、しっかりと基礎の練習を行っておこう
剣と盾も忘れない程度にはやっていきたい
悔しいかな、やはり十字軍に盾は似合うのだ
やっちまいました。

日曜の練習で右の小指を痛めました。
原因はガントレットからちょっと指がはみ出ていたせいで
そこに片手剣の一撃をくらいました。

ぶちっと小指の中で音がしましたよ。

今のところ内出血でパンパンに腫れています。写真撮ろうと思ったけど、上手く取れないので断念。
いてえマジいてえ
骨にヒビでもいってるかもしれません。

しかし、左手の親指が痛いので、普段使わないソード&シールドで戦ってたら
右手痛めたとか本末転倒ですね。
両手剣の時は一度も痛めた事の無い部位だったので油断してましたよ。
よりにもよってガントレットに喰らうとは本当に未熟。

まあ、二年ぶりのソード&シールドが思ったよりも良く使えたので調子乗ってました。
今後そっちもやっておく気になったのが今回唯一の収穫でしょうか

ああー、痛ぇ
でも素振りしてぇ
でも戦いてぇ

ああー痛ぇ
やっぱり、とか思ったり

二週間経っているというのに
素振りしてても、やたらと脇腹が痛むからうすうす気づいてましたが
練習でやっちまうのはこれで五回目ですよ。

それにしても重ね着+空手用パッド+チェインメイルまでしててこの体たらく
そろそろ防御力の強化をした方が良いのかもしれません。
かといってプレートはスタイルに合わないし
自分の腕前で防御力を上げるしか無さそうです。あとはスケイルメイルとか

ちなみに、自分の戦い方は
師匠noeさんからガード高い高いと言われ続けており
事実、腹や足への被弾率は他の人よりかなり高いです。

ただ、普段対峙している人の身長や(185cm
複数の人の習得しているシールド&ソードスタイルと対峙するには
どうしても両手剣では構え位置を高くせざるを得ないんですよね。

早く動いて早く打つ、このスタイルが楽しいんですもの

しっかし、これでまた練習が遅れてしまう
なんとかならんもんか・・・
デザインフェスタで告知を行ったAVALONイベントの開催日でしたー
そして無事終了。

まー いつものAVALONイベントに+ギャラリーって感じでしたが
自分は、戦士+ポーカーディーラー+司会進行と色々な事をやらせて楽しませて頂きました。

ちなみに司会は急遽名乗り出たので全部アドリブでしたが
概ね好評のようで良かったです。

とりあえず頂いた甲冑戦闘時の画像をぺたりと
bbb.JPG
前半トーナメントのシャルル卿との試合






左のダースベイダーモドキが自分です。

実は、戦闘には参加したものの
徹夜明けで思考能力ゼロだったので、何も考えずに力任せに両手剣ブン回していました。
普段の練習のお陰でなんとか動けましたが、結果は3位。
まあ、両手剣は見栄えが良い上に、マント着用で戦ったのでギャラリー受けも良かったようですが
いい加減きちんとコンディション整えないとあかんですね。
せっかくの試合なんだし
案の定。後半はスタミナ切れで失速したしw

とりあえず、随所に反省点があったものの、楽しいイベントでした。
後はギャラリーだった人達が、メンバーになってくれれば大成功なんですが

ま、焦らず気長にメンバーを募集していきますか


最後に
今日貰った甲冑の写真の中で一番吹いた画像を
aaa.JPG


「ひゃは~ 水だ~」







みんなもジード軍d・・・じゃなかった AVALONに入ろうぜぇ!! 
きっとバカばっかりで楽しいからw
忍者ブログ [PR]