忍者ブログ
     スケイルアーマーとチェインアーマーをこよなく愛する「変態」甲冑戦士の剣術修行ブログ
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[11/13 baketu]
[11/12 T/O]
[11/01 baketu]
[10/30 NONAME]
[10/26 通りすがり]
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
バケツ
HP:
性別:
男性
自己紹介:
東京の目白で西洋甲冑剣術の修行、鎧の作成等をしている現代の異端児。一緒にアホな事をしてくれるお仲間募集中。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
[1]  [2]  [3]  [4]  [5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

やっぱり、とか思ったり

二週間経っているというのに
素振りしてても、やたらと脇腹が痛むからうすうす気づいてましたが
練習でやっちまうのはこれで五回目ですよ。

それにしても重ね着+空手用パッド+チェインメイルまでしててこの体たらく
そろそろ防御力の強化をした方が良いのかもしれません。
かといってプレートはスタイルに合わないし
自分の腕前で防御力を上げるしか無さそうです。あとはスケイルメイルとか

ちなみに、自分の戦い方は
師匠noeさんからガード高い高いと言われ続けており
事実、腹や足への被弾率は他の人よりかなり高いです。

ただ、普段対峙している人の身長や(185cm
複数の人の習得しているシールド&ソードスタイルと対峙するには
どうしても両手剣では構え位置を高くせざるを得ないんですよね。

早く動いて早く打つ、このスタイルが楽しいんですもの

しっかし、これでまた練習が遅れてしまう
なんとかならんもんか・・・
PR
デザインフェスタで告知を行ったAVALONイベントの開催日でしたー
そして無事終了。

まー いつものAVALONイベントに+ギャラリーって感じでしたが
自分は、戦士+ポーカーディーラー+司会進行と色々な事をやらせて楽しませて頂きました。

ちなみに司会は急遽名乗り出たので全部アドリブでしたが
概ね好評のようで良かったです。

とりあえず頂いた甲冑戦闘時の画像をぺたりと
bbb.JPG
前半トーナメントのシャルル卿との試合






左のダースベイダーモドキが自分です。

実は、戦闘には参加したものの
徹夜明けで思考能力ゼロだったので、何も考えずに力任せに両手剣ブン回していました。
普段の練習のお陰でなんとか動けましたが、結果は3位。
まあ、両手剣は見栄えが良い上に、マント着用で戦ったのでギャラリー受けも良かったようですが
いい加減きちんとコンディション整えないとあかんですね。
せっかくの試合なんだし
案の定。後半はスタミナ切れで失速したしw

とりあえず、随所に反省点があったものの、楽しいイベントでした。
後はギャラリーだった人達が、メンバーになってくれれば大成功なんですが

ま、焦らず気長にメンバーを募集していきますか


最後に
今日貰った甲冑の写真の中で一番吹いた画像を
aaa.JPG


「ひゃは~ 水だ~」







みんなもジード軍d・・・じゃなかった AVALONに入ろうぜぇ!! 
きっとバカばっかりで楽しいからw
自分がヘヴィコンバットを始めて4年、そしてドイツ両手剣術を修練し始めて2年が経った。

ここ最近、師匠から褒められる事が多くなり、自分でも良く体が動くようになったのを感じる。が
同時に、自分が行っている事は、全て二年前に習った基礎の域を出ていないのも実感出来るようになった。

最初に習ったいくつかの構えと、五つの攻撃技は、かつてのドイツ剣術の祖リヒテナウアーの時代には
匠の構えと技といわれたらしい。
その構えから技、技から構えと連なるように繰り出すドイツ剣術の完成度は高く
自分があれこれと足りない脳みそを絞って技に工夫を加えようとして、何かを閃いたつもりになっても
後からよくよく考えると、その基礎の中に既に内包されている事に気づかされる事が多い。

生意気に自己で工夫を凝らしているつもりでも、結局のところは立ち返って己の未熟さを思い知らされているのだ。

とまあ、自分がバカな故に遠回りもしたが、今は基礎を極めるべく
ただひたすらにこれを繰り返して心と体に染み込ませている。

一つ壁を抜けた気がする。実に愉快だ。
目白のキャッスルティンタジェルでアーマーファイト教室に参加してきました。
bdc2473b.JPG
今日は新人戦士が二人いました。








両手剣の人は剣道経験者というだけあってなかなかタフ
しかし、流石に初めて着る西洋甲冑の重さに耐えかねている様子。
まあ、慣れてくると重さよりも暑さが辛かったりするんですが
冬本番が近い今日は暑さも気にならず全力で戦闘できました。

62b8b16a.JPG
簡単にレクチャーなどしつつ
戦闘の仕方を手ほどき




この画像、地味にカッコイイと思うんですが如何でしょう。




380e9c1f.JPG
左が師匠
右が自分

装備の半分はレンタルアーマーなのに
何故かいつものように悪役っぽい自分。


そんなこんなで練習も終わり。
今日も楽しい時間を過ごせました。
後はもちっと人さえ増えてくれれば言う事無いんですがね。
ま、平日なので贅沢は言えませんが

取り合えずカメラ回してくれたサボテンさん。ありがとう
SANY0001.JPG









 今日の戦闘メンバーは
stephan男爵と自分と新人二人
そして特別講師に 二期目の男爵就任を決めたVail卿。
やや人数は少ないけれど
その分、Vail卿のアドバイスが沢山飛んだので
新人には良い教育になったと思います。

自分は以前に買った松ぼっくりアーマーを
ブラックレザーアーマーに重ねて装着してみましたが
レザーアーマー同士なので追加装甲が増えたみたいで格好良かったと思います。
格好悪いという雑音も少々耳に入った気がしますが
そんなものは「勝つ奴が格好良い」理論の前では無意味。
勝てば格好良いんです。勝てば

で、このメンバーだと自然と流れが
新人の「かわいがり(by 相撲協会)」に行くわけでして
可愛いビギナー二人に色んな戦法への対処を教えるべく
延々、両手斧で接近顔面狙いオンリーとか
ひたすらポールウェポンで突き放しオンリーとか
今まで味わった事の無さそうな戦いをたっぷりと教えてあげました。
ちょっとスパルタ気味だったかもしれませんが
シールド&ソードがメインの人ばっかりと戦っていても
偏った覚え方をしてしまいますので心を鬼にして殴り倒しました。えいえい

特に写真の青シールドの人には、そろそろ新人脱出をして貰いたいので
念入りに攻撃w

まあ、慣れない戦闘方法に梃子摺っていましたが
途中で弱音を吐かなかった新人二人には素直に感心します。
Vail卿が鎧を着てなかったとはいえ
今日以上に辛い練習は早々無い筈です。
この調子で経験を積めばきっと強くなるでしょう。

ちなみに新人二人は女性なんですけど
女性のドタマを幾度も斧でカチ割ろうが
ポールウェポンで盾ごと吹っ飛ばそうが何も言われないAVALONは
ある意味凄い団体だと思います。(ギャラリーからは非難囂々ですがw)

取り合えず、今日はこの二人の頑張りに応じて
後で未編集の動画をmixiに上げておきます。
見取り稽古をするなりしてしっかりと自己を見つめなおして欲しいです。

そして今日も撮影者が居なかった為に
自分の写真&動画はありません。
誰か俺を撮ってくれんかのう・・・
忍者ブログ [PR]