忍者ブログ
     スケイルアーマーとチェインアーマーをこよなく愛する「変態」甲冑戦士の剣術修行ブログ
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[11/13 baketu]
[11/12 T/O]
[11/01 baketu]
[10/30 NONAME]
[10/26 通りすがり]
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
バケツ
HP:
性別:
男性
自己紹介:
東京の目白で西洋甲冑剣術の修行、鎧の作成等をしている現代の異端児。一緒にアホな事をしてくれるお仲間募集中。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
[182]  [181]  [180]  [179]  [177]  [176]  [175]  [173]  [171]  [169]  [168
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

自宅でレザーアーマーを手直し中

昔、ちょろっと練習で使っていたものだが
今回、久しぶりに引っ張り出してみたら、目立つポールドロン部分や
その他の繋ぎ目が取れかけており
みっともないので、この機会に全面修理することにした

380e9c1f.JPG







ちなみにこれが今回手直しするアーマー

外見はレザーアーマーというより、スケイルメイルに近いが
繋ぎの板や革がない構造になっており、装甲板自体がパッチワークのように
連なっているので、どこかが修復不可能なくらいに傷んでも
丸ごとそれを取り外して入れ替えるだけで修復出来る優れものだ
今回の修復もハトメを打ち直すだけで済んだので、10分ほどで終わっている

これと構造が良く似ていて修理が簡単なものに、チェインメイルがあるが
どんな箇所が壊れても均一のパーツで全て直せるという点では
このレザーアーマーよりも更に優れていると言ってもいいだろう
特に、初代のチェインメイルはもう7年も使っているのに
未だに手直しどころか、錆落としすらしたことのない手間いらずである

さて、手直ししたレザーだが、どうしよう
誰かまだ、練習用の鎧を持っていない新人に売ってしまおうか
少々サイズがでかにので、体格が良い人にそれとなく聞いてみるとしよう
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]