忍者ブログ
     ヘヴィファイトという甲冑で遊ぶ団体の記録です。
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[11/13 baketu]
[11/12 T/O]
[10/30 NONAME]
[10/22 baketu]
[10/17 T/O]
最新TB
プロフィール
HN:
バケツヘッド
HP:
性別:
男性
自己紹介:
東京の目白で西洋甲冑剣術の修行、鎧の作成等をしている現代の異端児。一緒にアホな事をしてくれるお仲間募集中。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11
中世のダンスについて簡単に動画付きで呟いたら
なんだか好評だったようなのでまとめてみた
http://togetter.com/li/250585

これは以前
西洋についての書き物をした時にまとめておいたものなんだけど
色々な事があって発表する機会を失ってしまったのだが
そのまま消すのも勿体無いのでツィッターでつぶいてみたんだが
普段、自分がチェインメイルやら甲冑やらについて呟いても殆ど反応ないのに
寝て起きたら一気にフォロアーが1.5倍に増えてビビリましたよええ。
やっぱりこういう建設的な内容じゃないとアカンのねw
後はセンセーのRTのお陰かな?

でも、何故か俺が文化的な事をしようとするとHDが吹っ飛ぶんだよな。
これはたまたま作業をする為にサブマシンのノートPCにデータを移してたので
何とか回収出来た名残なんだもんよ。

まあ、めげずに頑張ってみるか
PR
KC3Z0100.jpg






ある意味戦闘してきました。

KC3Z0102.jpg









うちの師匠含め、知り合い二名が(実はもっと多いかもしれないけど・・・・)
制作に関わった映画ベルセルク完成披露試写会。

KC3Z0105.jpg









舞台裏で出番を待つ戦士達

どんな形であれ、評価され、必要とされる事は本当に有り難いものです。
うちらが鷹の団になれるかどうかは分かりませんが
常にそのぐらいの気構えを持ってやっていこうと思います。

何もかもこれからが本番だぜ!

KC3Z0106.jpg









取り敢えず、ケンコバさんを
芸能人で一番西洋甲冑の似合う人に認定します。
今までうちに来た芸能人。近年の新人も合わせても
あれだけフィットする人はそうそういませんでしたw
ベルセルク!
詳しい事はまだ内緒。

・・・・・しかし、ベルセルクの世界観に合うのか俺?
一ヶ月ちょっとぶりに道場へ行く。

新しいタイムスケジュールが良く分からなかったので
ヘヴィファイトはせずにソフトソードとサポートのみを行う事にした。

が、この後、戦闘に参加すれば良かったと後悔する出来事が起こる。

なんと、ここずっと休戦していたヴェテランファイターが
一年ぶりに急遽参戦!!
KC3Z0086.jpg









自分よりも経歴の古い先輩騎士なのですが
ブランクを感じさせない
鮮やかな剣さばきを見せてくれました。
思えば自分も、小平公園時代にこの人には良く鍛えて頂いたものだった。

ついでに本人にも撮影を頼まれたのですが
KC3Z0089.jpg









初公開、ドコモのレグザフォンを扱う騎士の図

・・・・なんつうシュールな光景だ。

ところでドコモでもAUでもウィルコムでも構わないので
ガントレットしたまま、操作できる携帯を作って下さい。
多分、ヘヴィファイターは全員購入します。
でもソフトバンクだけは勘弁な

そしてヘヴィファイト終了後
実は自分も人の事は言えない3年ぶりくらいのソフトソード戦へ

自分はヘヴィファイトではシリアスを自認するが
ソフトソードではトリッキーが信条なので
マントを振り回したり、パーカーを即席のクロークにして投げつけて
相手の剣を絡めとったりと兎に角攪乱戦法に走る。
何しろこちらは三年分のネタが満載だ

相手が惑う! ギャラリーが笑う!
そして最後は相手すらも笑わせて勝つ!
自分が何をしでかすかは道場に来て実際に御覧じろ

が、一個だけ失敗した技があった。
シールド相手にスライディング切りで一本取ったのだが
滑った部分が道場の床板がボロくなっていて箇所で
膝とお尻周辺に刺が刺さりまくってしまったのだ
戦闘終了後に何かチクチクするなと思ったら
パンツを捲ったら12本ほどデカイ刺が刺さりまくってた。

左ケツ一面に刺さった刺を見て
テンションが下がって5分ほど無言で刺を抜く俺。
公園でやってた頃は、こんな事無かったんだけどなぁ
高い代償だった。いててて

ま、たまにはこんな事もあるさね
 
今年は色々あったけど、例年通りに最後を迎えられることを願いつつ
そうなるように自分は今も頑張ってます。
毎年の事とはいえ
大晦日まで気が抜けない楽しい生き方ですよ。ホント
来年はまた違う形で参加したいなー

今年来た新人さん達も、来年に来るであろう新しい人達に負けないように
ヘヴィファイトやAVALONやSCAの活動をエンジョイして下さい。
では良いお年を

激動の年であった2011年12月の暮れに、新富町のホテルにて
忍者ブログ [PR]