忍者ブログ
     スケイルアーマーとチェインアーマーをこよなく愛する「変態」甲冑戦士の剣術修行ブログ
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[11/13 baketu]
[11/12 T/O]
[11/01 baketu]
[10/30 NONAME]
[10/26 通りすがり]
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
バケツ
HP:
性別:
男性
自己紹介:
東京の目白で西洋甲冑剣術の修行、鎧の作成等をしている現代の異端児。一緒にアホな事をしてくれるお仲間募集中。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
[5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

45f132f6.JPG










前回、反響の多かった蝉丸Pのニコ生SCA第二回

「BS武器防具昼話番外
SCAファイターに話を聞いてみる」

が本日放送予定! 先輩ファイター二人も出るしこれは見なければ!
まるで中世の武器庫と噂の某G邸が会場との事、実に楽しみだ



いやー生放送面白かった
未経験者の方々の知りたい事が分かって良かったです
そして次回はなるべく静かに見ている事にしようw

それにしても放送主は凄い落ち着いていて良い人だった
流石現役のご住職なだけあるのう
PR
知り合いからハムを貰ったので豪快に輪切りにしてハムステーキにする

ハムを細かく切る奴はアホだ! ハムを薄く切る奴はもっとアホだ!
縦にして転がせるくらいの塊をがっつり頂いてこそハム様!

冷めたら美味くないので三枚ほどにした奴を
火に炙ったフライパンの傍らで
パンとご飯茶碗を用意して焼けた端から喰っていく
汁物は昨日の残りの打ち豆のおみおつけだ
これで筋肉に必要なたんぱく質はばっちりだ

パンより太いハムを挟んで食うこの至福!!
かんだ瞬間にご飯茶碗の底まで肉汁が垂れていくこの至福!

最後の一枚は冷蔵庫から取って置きのレーベンブロイを取り出す

おビール様じゃ!! おビール様が光臨なされたぞ!!

げははははははは!!

ハムメーカーに勤めたい
調べてみたら、またくだらない事で議論してる板が原因らしい
ネットなんで引用されるのは仕方が無いかもしれないけど
最低限、勝手に名前出して巻き込まないで欲しい
どうせ何言っても聞きゃしないだろうけど
http://www.youtube.com/watch?feature=player_profilepage&v=U84ZIyeKj00

せんしの かいてんぎり!

こうかは ばつぐん だ

雨の日の走り込みを少々やりすぎたらしく膝が痛い
夕方になれば痛みも退いてきたので大丈夫だとは思うが
流石に走る時間を減らすべきだろうか

そして、ここ最近の狙いである更なる筋力ボーナスをつけるために
昔読んでいた握力王を引っ張り出して、筋トレを開始する。
普段行っているのが千回程度の素振りなので、締まった筋肉をつけている事になるが
やや力不足を感じるので筋肥大を狙ってダンベルトレーニングを行う事にしたのだ
役に立たない堅い筋肉をつけるつもりは無いので
これまで通りに負荷素振りも平行して行う
そうすることで実戦でも使える肉がつく筈である
上腕二頭筋、上腕三頭筋、長頭? 脊椎柱立筋、僧坊筋、後背筋、大臀筋辺りを鍛える
筋力アップのコツは鍛える部分を意識するのが良いとの事なので
名前と部位を覚えてリストアップしてみた

が、こちらもがっつり追い込んだせいで、ややオーバーワーク気味
次の日になって指先から腎臓の裏側辺りまで甲冑を着込んだような
まとわり着く疲労感と痛みを長時間感じるはめになった
しかし、良い疲れだ
70くらいになっても甲冑で戦える事を祈って肉体を練り上げていこう


昨日の続き

で、以前から検討していたのが
普段行っているラタンを武器とする模擬戦ではなく
実際に金属剣を使用した模擬戦を行うというものだ

これはAVALONのリーダーの一人がルミニウムソードを入手した
かなり早い段階から検討がされており(入手以前に考えていた節もあるが)
実際、私はまだ参加していないが、既に何名かの戦士によって模擬戦が行われているようだ
勿論、普段使うラタンよりも遥かに圧力が掛かる部分が細い為、威力はケタ違いとなり
しなりも少ないので更に危険度は増す
が、金属剣特有の剣の滑りなど、ラタンや竹刀では味わえない貴重な感覚が掴めるらしい
今度、自分の鎧も安全性チェックを申し出て
問題が無かったら是非参加させて貰おう

それともう一つ、検討中なのが
リカッソを握ってのハーフグリップ状態でのグラップリングありの戦いだ
有効部位も相手の鎧を見て瞬時に判断しないと駄目で
兜の隙間にねじ込んだり(危険なのでタッチヒットになるが)
或いは装甲の薄そうな、脇の下や、関節の裏側などを狙う
普通に対峙しているだけでは分からない相手一人一人の装備に合わせた
戦いをやってみたいと思っているのだ
が、実際にこれは相当危険なので
投げも最後まで打たないとはいえ、参加を希望するメンバーには
受身を一通り教える必要があるだろうし
そもそも、道場の床に疵がつくかもしれない
最悪、リーダー達に止められる可能性もあるだろう
ともあれ、安全管理は第一である

何を書いてるんだか分からなくなったので、ここでやめ
実現にはもう少しかかりそうだ、が
海外の文献なども参考にしてしっかり腰を落ち着けてやっていきたい
んなものやってないでとっととヘヴィファイトの練習をしろ、と
一部の先輩方には言われそうだがw 

この人と戦いたい
彼は私の理想に、今まで見た戦士の中では一番近い
この動画では殆ど映っていないが
彼がやりたい事が自分と似通っているのも理解出来る
しかし、この動画では、きちんと勝つ為の動きに切り替えている
先月は沖縄にこの人が来ていたというのだから実に惜しい事をした
先にこの動画を見ていれば、万難を排してでも現地に向かったであろう
いつかまた機会が巡って来る事を願う


それとは別に、先々月辺りにリーダーと話をした
甲冑戦闘に特化した訓練についてもう一度熟考する
SCAのヘヴィファイトは云わばスポーツで
甲冑の上からド突き合うのだから見た目ほどには危険ではない
自分のような軟弱柔和の輩がもう何年も続けていられるのが良い例だ

時間が無くなったのでここまで
幻想を現実にする作業は難しいね
忍者ブログ [PR]